KJWORKSとは

P1480293

家族みんなが喜ぶ暮らし(K)を実現(J)する木の家づくり

KJWORKSは、大阪府箕面市の彩都西にある木の家を専門に建てている地域工務店です。薪ストーブ屋や日替わりでオーナーが変わる食堂がある「くらしの杜」というサイトの一角にモデルハウスと事務所を構えています。
家づくりにおいて、大切にしていること…それは、温熱環境だけでなく、手触りや視線の抜けまで含めた居心地のいい空間の創造です。

エアコン一台で家全体を冷暖房できるマッハシステムや、太陽熱で温めた新鮮な外気で暖房するパッシブソーラー「そよ風」に取り組む一方で、造作で家具やキッチンまで作り込むのは、いつまでも飽きが来ず永く愛着をもって暮らすことのできる住まいを提供したいと願っているからです。

新築は、大きく阿蘇の小国杉を使って建てる「小国杉の家」と、薪ストーブ専用住宅「E-BOX」の二本立て。

このほかに、施設や事務所の建築(幼稚園や保育園、老人施設などの福祉施設や集合住宅、病院など)も行っています。

リフォームは一般木造住宅リフォームはもちろんのこと、古民家リフォーム、マンションの木のリフォームも得意としており、鉄骨やコンクリート住宅リフォームも手掛けておりますが、空間としては木の心地よさが感じられるリフォームをお勧めしています。このほかにも、店舗工事(新築・リフォームとも)やメンテナンス工事も数多く手掛けています。

000003_330x330
阿蘇小国杉の家
P1270574
薪ストーブ専用住宅E-BOX
P1270258-1
無垢の木でつくる幼稚園
住まうのカタチはそれぞれですが、そこに住まう家族みんなが喜ぶ暮らし(K)を実現(J)する木の家づくりが、私たちKJ WORKSの志事(WORKS)です。
DSCF0870

DSCF0650

mokusoya-3


木想家という木の家づくり

top_kjworks
KJ WORKSは、わたしたちが創る家づくりを総称して『木想家』と呼んでいます。その名の通り、木を想う家づくりです。家づくりのカタチとしては、全ての木の家を希望に沿ってオーダーでつくる「阿蘇小国(あそおぐに)杉の家」と、ベースのパターンから考えていくE-BOXの2つがありますが、どちらの家にもこの『木想家』の想いが詰まっています。
syokoku_1
構造に使う材料を名前にしている「小国杉の家」。強度に優れ艶と粘りのある材質が特徴のこの杉は、人の手や陽差しに触れ、年月とともにアメ色の風合いが増してきます。本物の素材とプランニングにこだわり、永く飽きの来ない住まいをお考えの方にはこの「小国杉の家」をご提案しています。フルオーダーで設計対応しますので設計含めそれなりにコストは掛かりますが、その分思い通りの家づくりが可能となります。

小国杉の家の詳細はこちら
e-box_1
こうした「小国杉の家」はこれまでたいへん好評いただいてきましたが、より多くの方に私たちが考える心地よい暮らしのできる住まいをお届けしたい、省ける手間は省きながらKJ WORKSとしての提案が詰まった住宅ができないものか…、その上で暮らしをゆたかにする薪ストーブはぜひ標準で採用したい…、そんな想いから生まれたのがこのE-BOXです。

大型パネル工法とすることで工場生産比率を高め、剛性と強度を最優先しつつ工期を短縮。薪ストーブや2層硝子の高性能な樹脂サッシを標準化することで、心地よい暮らしも実現しています。さらに、KJWORKSの長年の設計ノウハウが詰まった提案型プランによって設計費用も絞り込むことで、高性能で暮らしやすい住まいを手が届く価格で提供します。

余談になりますが、「E-BOX」は大型パネルをクレーンで吊って組み立てるため、大工さんによる高所・外部作業が不要となります。つまり、高齢の大工さんも10年はシゴトを続けられるということになります。これはなにを意味するかといいますと、昨今課題とされている職人不足、若い大工さんの養成にその期間を充てられるということです。社会的にも意味のある家づくり、それがE-BOXなのです。

E-BOXの詳細はこちら

家具から考える家づくり

furniture
木想家の家づくりに欠かせないものとして、「家具」があります。キッチンや棚などは住まいに合わせて造作することで、空間としてもすっきり納まり、永く飽きのこない住まいとすることができます。

プロダクト製品であるテーブルや椅子も、デザイン・耐久性ともに永く使えるものをご提案しています。


一年中きれいな空気の中で暮らす「マッハシステム」

item01
ケイジェイワークスがお勧めし、最近ご要望の多い空調システムに「マッハシステム」があります。このマッハシステムを採用すると空調室に備え付けられたエアコン1台のみで、全館を冷暖房することができます。

各部屋には熱い風や冷たい風を吹き出すエアコンはなく、空調室から送られた室温と1〜3度差程度の空気が、各部屋の給気口から室内に届けられます。大量の空気が送り届けられているにもかかわらず、風量をほとんど感じないのが特長です。

さらに多めの吹き出し空気によって部屋の空気がゆっくりと撹拌されるため、床、壁、天井の温度も、ほぼ一定になり、不要な輻射熱もなく、従来の冷暖房では不可能だった今までにない快適空間が実現します。

詳しくはこちら
scroll-to-top