注文住宅・木の家 大阪・リフォーム・古民家再生・土地探し・北摂箕面の木の家づくり工務店。池田・茨木・高槻・吹田・豊中・京都・兵庫・堺

注文住宅・大阪・薪ストーブ・北摂の木の家づくり工務店『KJWORKS』

相談してみる

資料請求/お問い合わせ

家族みんなが喜ぶ暮らし(K)を実現(J)する木の家づくり
それが私たちの志事(WORKS)です

家族みんなが喜ぶ暮らし(K)を実現(J)する木の家づくり それが私たちの志事(WORKS)です

1213_2016_0808_suma_kaichiya_2016

そういえば昔は私もこんなことしてました!

投稿日:2016年7月3日 更新日: ●投稿者: 福井綱吉

玉利さんの下駄箱懐かしい家具天板小口の捲れ。。。

 

今日、お客様のお家で見かけた玄関収納カウンター小口の捲れ。。。

なんか恥ずかしい状態です。。。

恥ずかしいというのは、今から30年も前であれば、カウンターに無垢板を使わずに突板合板によるフラッシュカウンターだったころです。・・・

小口に単板を速乾ボンドで貼っていた時代。。。

 

今なら仮にフラッシュ単板張りであっても小口には4mm程度の無垢板を貼ります。。。

というより今なら無垢のカウンター材を使います。

当時でも冷静に考えれば、何れ剥がれる単板張り。。。

 

わかっていて仕上げていた時代でもあります。

お客様にすれば捲れていることが気になってなんとか直してほしいと言われるのですけど、今回繕ってもまた剥がれるモノです。

けど、先ずは蓋の開いた小口に接着樹脂を流し込み乾いた頃に表面を押し付けて捲れを抑える予定。。。

 

まあ、ほんとうに自分の過去してきた落ち度ある仕事を見透かされているようで。。。

決して私の関わった家具工事ではないにしても・・・

かなり恥ずかしいこの仕事に一刻も早く治してこの古傷の記憶のある落ち度、忘れたい気持ちです!

 

-伝えたいこと

Copyright© 注文住宅・大阪・薪ストーブ・北摂の木の家づくり工務店『KJWORKS』 , 2017 AllRights Reserved.