視覚の伴走者

2017.11.4|カテゴリー「日々の思い」|投稿者 KJWORKS

 

〈生まれて初めて、レンズのお世話になることになりました。〉

 

 

 

ご愛読、ありがとうございます。木の家づくり・暮らしのプロデューサー、山口です。

 

 

 

つ、ついに私にもこの時が来てしまいました(笑)。2年くらい前から少しずつ進行してきていた「老眼」、いよいよ本を読んだり図面を見たりするのに支障をきたし始めましたので、このたび老眼鏡をつくることにしたのであります。

 

 

 

眼と歯が丈夫なだけが取り柄(?)だった私、視力はずっと1.5で、今まで一度も眼鏡やコンタクトレンズのお世話になったことがありません。なので眼鏡をかけることが全くイメージできず、眼鏡店への訪問にも二の足を踏んでいました。

 

 

 

しかし近くに焦点が合わなくなり、読むのに手を伸ばして本と距離をとるに至って、これはもう限界かと思ったんです。私の職業では図面の細かい字を読むことも多く、周りに迷惑にならないうちにと眼鏡屋さんへ行く覚悟を決めた次第。

 

 

 

私は顔が大きい方だと思うので、そういうサイズのものを豊富に揃えていると聞いて訪れたのは、「アマゾン」ならぬ「アマガン」、尼崎眼鏡店というところ。「眼鏡をかけたことがないので、色々教えてください」と殊勝な態度です。

 

 

 

店員さんの指導の元、まずは「遠くが視えているか」から計測、そして近くの見えにくさを計測。遠近両用とか、中近用とか、色んなレンズを付け替えながら持参した本と図面でチェックし、私に一番合ったものを探してくださいました。

 

 

 

結果、やはり「リーディンググラス」としての機能のみのレンズにしました。度数は1.25。いやあ、眼鏡をかけるとこんなに本や図面が見やすいものか!そのことにびっくりしましたが、それだけ老眼が進行しているということなんですね。

 

 

 

遠近両用ではありませんから、本を見ていてそのまま眼を上げて遠くを見ると全くぼやけてしまっている。慣れない私は船酔いのような感じで、ちょっと気持ちが悪い。こればかりはもう慣れるしかないんだろうなあ、と思いました。

 

 

 

さて、レンズを決めたら次はフレーム選びです。これが正直不安でした。私は基本、気に入るものが見つかるまでモノを買わないという考え方なので、レンズ選びだけして肝心のフレームが無かったらどうしよう、と心配だったんですね。

 

 

 

でも、それは杞憂に終わりました。アマガンさんの豊富な品揃えから、私の顔に合うサイズのものを色々出してもらって掛け比べたら、欲しいものがすぐ見つかったんです。それが冒頭の写真のモノ、私の買物は決まる時は一瞬なのです。

 

 

 

一見黒いフレームですが、よく見るとブルーというか群青色なんです。私の好きな色で、そこが気に入りました。老眼鏡は掛け外しが頻繁だからフレームが華奢なモノは傷みやすいというアドバイスもあり、これならその点も大丈夫そう。

 

 

 

そんなことであっさり老眼鏡が出来上がり、昨日から使っています。やはり細かいものが非常に見やすくてありがたい。掛け外しには気を使いますが、徐々にそれも慣れるかな。落とさないよう組紐のグラスチェーンをつけるつもりです。

 

 

 

この文章を書くPC作業にはまだ必須ではありませんが、人生初の眼鏡を使いだすと、改めて人間の視覚の素晴らしさを痛感しますね。今までずっと良好な視力を維持できていたこと、その「あたり前」の有難味を噛みしめるような心持ち。

 

 

 

とは言っても、残念ながらもう後戻りは出来ません。これから先の人生を私の視覚に伴走してくれる新しいパートナー、時と場合を選んで上手く付き合っていければと想っている私です。