薪ストーブの撮影

2013.2.3|カテゴリー「施工事例(新築・リフォーム)」|投稿者 安本峰樹

今日は、茨木市で建てさせていただいたOmさんの家に薪ストーブの撮影に行ってきました。
ストーブに火が入っていない写真はあったのですが、やっぱりストーブには火が無いと!ということでOmさんにお願いして火が入った状態で撮影させていただきました。

ですが、昨日、今日と真冬とは思えない陽気で、ちょっとストーブを焚くには暑いかもしれない暖かさでしたが、Omさんのご好意で火付けからカメラでパシャ!

焚かれた炎を見ながら、暫し薪ストーブ談義をお聞きすると、今使っているドブレの640cbの焼き芋についての話をお聞きしました。

640CBには、灰受けが炉の下にあるのですが、灰受けに芋を入れておくと結構いい感じで焼き芋ができるとか!

恥ずかしながら私は今まで焼き芋は、炉の中に新聞紙で入れて焼くだけと思っていたのですが、灰受けは適度に炎から離れているためオーブン状態になっているようです。

ドブレの640CBは結構KJWORKSでも人気の機種で、採用されている方も多いので、さっそく自慢げに?!紹介してきます!

2シーズン目になるとさすがに火付けも手馴れておられます