豪快な炎と料理する薪ストーブ!を紹介します。。。NO.4

2013.1.28|カテゴリー「薪ストーブのある暮らし」|投稿者 親

バーモンドキャスティングのアンコール。

炉内で熱を加えるピザやパン、ローストビーフなどのオーブン料理のほか、広々としたストーブトップでコトコト煮込むシチューや焼きもの、炊飯までこなせる機能性の高さと使い心地は、グルメ志向の人たちから熱い支持を得ています。

炎を魅せるガラス窓は、劇場の緞帳をイメージしたデザインです。

大容量の炉内ですから、実に暖かい!・・・けど、反面、薪燃料を桁違いによく食う!

中途半端な薪燃料をくべても温くはならない!?

ケチケチせず、たっぷりの薪燃料をくべる!

気持ちいいけど、薪燃料の心配が絶えない・・・悩ましい薪ストーブです。

燃焼システムは、触媒方式が基本ですが、最近では、エヴァーバーン方式という非触媒方式もつくられています!

そんな豪快な薪ストーブを設置していただいた羽曳野のお客様の新聞記事が去年の年末に毎日新聞から出ました・・・