薪ストーブは【薪に始まり・薪に終わる・・・薪が命】です。

2018.11.14|カテゴリー「お伝えしたいこと」|投稿者 森和久

どんな高性能住宅に、高性能薪ストーブを設置したとしても、肝心の「薪」をケチったら全く温かくなりません。
薪ストーブは【薪に始まり・薪に終わる・・・薪が命】です。

さて、薪には広葉樹・針葉樹がありますが、一番大切なことは、よく乾燥させた薪を燃やすということです。

割ったばかりの生木の薪などは、どんな高性能薪ストーブや B B Q の達人が火付けをしても、なかなかうまくいきません。それどころか、煙突から煙幕のようにモクモクと煙を出すばかりで、煙突内もドロドロの煤で詰まらせてしまうほど汚れます。

 

玉切りした、直径25センチ~30センチの丸太を四つに割ったものでも、風にさらして、1年~1年半は乾燥期間が必要です。
木の細胞を枯らして、燃料として最適にするには、それくらいの年月が掛かかるのです。

 

KJWORKSの木の家づくりを土地探しや中古住宅探しからサポートしています。
スタッフの森 和久と申します。薪ストーブ関係も兼任しています。宜しくお願いします。