人工薪って、良くなっています !

2019.1.5|カテゴリー「お伝えしたいこと」|投稿者 森和久

あけましておめでとうございます。2019年も よろしくお願いします。

 

 

さて、薪ストーブユーザーの方で、燃料となる薪づくりから楽しみたいと思っていても時間がつくれずに、薪を通販などで購入する方も多いと思います。
薪を購入するなら、人工薪ブリケットという選択肢もあります。

人工薪ブリケットは、含水率が少なく、煙も少なく、室内で保管でき、薪から虫も出て来ない、住宅地で薪ストーブを焚いても近隣さんのご迷惑にならない燃料です。
薪が爆ぜる音はありませんが、薪のように乾燥度を気にしないで使用できることなど、トータルに考えてお得感があります。
昔あった人工薪より数段優れた燃料になっています。

 

 

人工薪ブリケットの炊きつけなど・・・手順

 

(1).最初にコメリホームセンターで購入できるオガライト2本と少量の焚きつけ材(割り箸など)を燃やし始め、熾火を作ります。
この時のストーブ天板温度は220度位になります。
(2).熾火の上にブリケットを燃やしていきます。
この時のストーブ天板温度は250~270度位になります。
(3).ブリケットからのガス(炎)が弱くなったら、ブリケットを投入します。
 

ポイントは (1) で確実に熾火をつくります。
それと(2)(3)で 熾火の上にブリケットを投入時は薪ストーブ本体の吸気レバーを全開にする。
または少し扉を開けておき、ブリケットに含んでいる水分をカットください。
少し意識するだけで無煙ストーブって自慢できるかもです !

 

※オガライトはコメリホームセンターで、10kg(10本):798円(税込)が購入できます。
含水率は6%未満です。熱カロリーは通常の薪(約3,800kcal/kg)の約1.25倍の4,800kcal/kgとなります。
オガライトは炎がなくなれば、木炭に変わります。
※ブリケットはインターネットの通販で購入可能です。
含水率は10%未満です。
※割り箸はダイソーでAspen割り箸70膳:108円(税込)が購入可能です。

 

KJWORKSの木の家づくりを土地探しや中古住宅探しからサポートしています。
スタッフの森 和久と申します。薪ストーブ関係も兼任しています。宜しくお願いします。