たくさんの薪玉を荷入中です。

2019.2.28|カテゴリー「お伝えしたいこと ,薪ストーブのある暮らし」|投稿者 森和久

 

冒頭の写真は、当店にある薪玉の置き場所です。
只今、たくさんの薪玉を荷入中です。

 

 

当店の薪ストーブユーザーに、この場所を「薪ひろば」として有料で解放しています。

 

「薪ひろば」は、西日が当たらない東・南・北側に開けた風通しの良い一等地の場所ですから、気持ちよく。
お父さんが斧で薪を割り、子供たちが一生懸命に車のトランクに薪を運び。その様子を見守るお母さんがいるようなシーン。
大人が忘れがちになる事も、子供たちが思い出させてくれるような愉しい時間がいただけます。

 
斧での薪割りは、少しコツがいりますが、割れると笑顔がこぼれます。
家族で割った薪は、あったか〜いです。

 

薪長さについて!
例えば、北摂でも人気がある「ヨツールF500 薪ストーブ」は大型タイプなので、パンフレットやホームページに記載している薪長さは55センチですが、取扱説明書では薪長さは35センチ以下を推奨と記載されています。
火室が大きいからといって、薪を大量に入れると排煙の問題にもなりますし、高燃焼になりすぎて、ストーブ本体の口元付近からダメージがおこる可能性があります。

 

KJWORKSの木の家づくりを土地探しや中古住宅探しからサポートしています。
スタッフの森 和久と申します。薪ストーブ関係も兼任しています。宜しくお願いします。