家づくり工務店が設計施工する薪ストーブ専門店

2014.4.29|カテゴリー「KAGURAからのお知らせ ,薪ストーブのある暮らし」|投稿者 親

KJ WORKSはストーブと家具専門店です。

私を含めて、薪ストーブが大好きで、薪割りが大好き人間ばかりが集まる家づくり工務店です。

家づくりのプロスタッフが『直接薪ストーブの設置をする』ストーブと家具専門店なのです。

薪ストーブの設置は、家づくりや建築を良く理解した人や組織が設置することが一番大切なコトです。

即ち、建築屋自らが設置場所の環境をわきまえ判断し、近隣に配慮し、計画し、建築のわかる工務店スタッフが防火や防雨を考え、チームを組んで自ら設置に関わることが大事なのです。

家づくりに責任を持った家づくり工務店だからこそ、建物に責任を持つ立場として、火や雨から建物を守れるのです。

できの悪い薪ストーブ屋さんの言われる「保証がついているから火事になっても大丈夫?」ではなく、火事になっては困るし、それでは遅いのです。

ですから、薪ストーブに限らず、KJ WORKSでは、太陽で床暖房の「そよ風」や太陽光発電パネル、太陽熱温水器、床下空気式ファンコン暖房、オーダーキッチンやシステムキッチン、造作家具なども全て自社で設計施工しますから、俗にいう代理店などという会社とは無縁です。

建築をまともに知らず、見よう見真似で設置する薪ストーブ業者ほど危険な組織はありません。

けど、そんな薪ストーブ屋さんが世の中に多いのも事実です。

KJ WORKSでは長年、薪ストーブ屋さんに施工の全てをお世話になって来ましたが、去年から自社施工するようになって、ようやく薪ストーブに関する、その意義とコトの重大さに気づかされました。

例えば、薪ストーブのメンテナンスを先々まで考えて、自社施工のKJ WORKSとしては、薪ストーブ本体の上にはスライド煙突を設置して、本体が取り外ししやすくしておきたい・・・

そうすることがいかなるメンテナンスに対しても対応が簡単!

そんな簡単なことも身をもって理解できるようになりました。

自社で施工する前の薪ストーブの設置の場合、全てがそのようにできていたわけでもないのですが、だからと言って、大問題になることもありません・・・

けど、後々のメンテナンスの際に、更に費用がかかってしまうようなことはしたくない!そう考えています。

もちろん、KJ WORKSで以前お願いしていた薪ストーブ屋さんのお家はお陰様でなんら問題など出ていませんが・・・

当初の設置時に手を抜かず、必要なパーツは必ず採用し、防火、防雨に努め、本来の薪ストーブの在り方を理解し、人の安全とその建物及び近隣の方々の安全安心を第一に考えられるのは、やっぱり、家づくり工務店しかいません。

また、家づくり工務店がお客様にとってありがたいのは、家づくりの現場で出る木材端材が豊富にある事、しかもこの木材端材は完全乾燥木材ですから、焚き付けにはもってこいなのです。

新築時に設置されるとその年の2~3か月分の木材端材も確保できます。

こうしたお話を始め、薪ストーブの長所や短所も包み隠さずお話しする『薪ストーブを愉しむ会』もシーズン中は毎月開催していますので、皆さん、是非、彩都「くらしの杜」へお越しくださいませ。

もっと楽しくなる、スイーツと薪ストーブのお店もこの秋にはオープンいたしますので、お楽しみにお待ちください!