宝塚市にて現地調査!

2016.4.3|カテゴリー「お伝えしたいこと」|投稿者 KJWORKS

薪ストーブ設置のご相談を受けまして、宝塚市に現地調査に伺いました。

建物1階の前面部分がお店になっていて、裏側に居室があるお住まい。居室からトイレなどに移動する際の通路からお店になっている部分までが寒く、ヒートショックなども心配・・・・、薪ストーブにも興味があって導入したかったとのこと。

薪を調達するルートはあるようなので、通路を暖める小さい機種としてヨツール社のF100と、お店側まで暖める提案としてコンツーラ社のC51ヤンソンをご提案。

今回は少し煙突を上げるためのルートも少し凝った形になりそうで、

窓

設置場所すぐ近くの窓を特注のステンレス板に交換して貫通。

重苦しくならないように、室内側の仕上げは全面ステンレスにはならないようにして、結露対策もします。

1F外部

その後、外部の通路部分の床を貫通して、

ポリカ波板

2階通路部分のポリカ波板を金属製のものに交換して貫通、といった感じになりそうです。

既存の住宅には薪ストーブは途中から付けることは出来ないのでは、と思っている方もいらっしゃいますが、既存住宅で薪ストーブを設置のご依頼ももちろんお受けしています。

実際に現地にて設置したい場所、暖めたい空間をお聞きした上で、どうすれば可能か、ご提案させていただきますので、お気軽にご相談くださいー。