お宝発見。

2014.5.8|カテゴリー「南大阪便り ,家守り ,木の家づくり」|投稿者 竹内政敏

いつもブログをみていただき有難うございます。

和泉市のNtさんの家は2年前に古民家再生をさせていただいた家です。

本日、お伺いした時に離れの小屋裏からお宝が・・・・鑑定団ではないのですが、でも良いものです。

写真

昔に使っていた建具4枚を見つけました。

簾戸(すど)と言って簡単に言うとすだれをはめ込んだ建具の事で別に夏障子とも呼ばれていて、

衣替えと同様、6月になると障子や襖のかわりに取り替えて暮らしを夏向きに変え、簾が強い光を遮って

室内は涼しく、簾の隙間から入る風が心地いいものです。

少し寸法が違っていたので直ぐに建具屋さんへ連絡をして来週の月曜日に来ていただき現地で調整できる

範囲という事なのでその日に建具が取り替えられます。

ガラス戸から簾戸へ、丁度いいタイミングでした。

夏仕様ですね。

でも建具で部屋の雰囲気が変わる昔の家はヤッパリ良いものですね。