古民家シェアハウス。

2014.6.26|カテゴリー「南大阪便り ,家づくりの現場から ,家守り ,木の家づくり」|投稿者 竹内政敏

いつもブログをみていただき有難うございます。

2年前に和泉市で古民家再生をさせていただいたNtさんがお父さんが所有していたお隣の古民家が空家に

なったのきっかけに古民家シェアハウスを計画して早1年が経ちました。

間取りは殆ど変えずに水回りのお風呂、キッチン、洗面所、トイレや外壁・屋根周りなどは

ケイ・ジェイ・ワークスの方で作業しましたがその他の内装の仕上げなどは殆どがNtさんご夫婦とその

シェアハウスに住んでいる住民の方がDIYの手づくりで仕上げてきました。

今では5部屋のうち3部屋に入居者がいらっしゃいます。

その入居者は外国の方なんです。

Ntさんのご主人は仕事柄、英語が話せますので今ではその入居者の方と一緒に、今日は漆喰の壁を

イタリア人のエンリコさんと作業をしていましたところに私がお邪魔しました。

写真.JPG4 写真

ご主人とエンリコさんの作業現場です。 仕上がると良い感じです。

写真.JPG3 写真.JPG2

そうじ当番表にも英語が・・・・・・ イタリア人のエンリコさんです。ちょっと照れています・・・

でもいつも此処では笑い声と皆との会話が外に居ても聞こえてきます。

この地域では外国の人は殆ど居ませんでしたがこのシェアハウスから新たなライフスタイル提案が

はじまっています。

シェアハウス『OMOYA』のホームページです。http://kominkashare.wix.com/along-makio-river

ご興味ある方は一度覗いてみてください。