家づくりの諸費用。

2014.7.20|カテゴリー「南大阪便り ,学びや研修など ,木の家づくり」|投稿者 竹内政敏

いつもブログをみていただき有り難うございます。

家づくりには沢山のお金がかかりますが形にならないお金があります。

それは諸経費と言われる物で例えば私たちもよく聞かれる質問に坪いくらですか?がありますが

30坪の建物が坪600,000円で18,000,000円で家が建つと間違った考えを持っている方がいますがその費用で家が建つ事は不可能です。

それ以外にかかる家づくりのは形にならない諸経費と言う物があります。

それをご紹介いたします。

○印紙税・・・・・土地や建物の「売買契約書」「請負契約書」や住宅ローン契約書を作成する時にかかります。

○登録免許税・・・取得した土地や建物を登記する時にかかります。

○消費税・・・・・建物を取得した時にかかる税金(8%)。土地にはかかりません。

○不動産仲介手数料・・・中古住宅など不動産仲介業者を介して売買契約した場合に支払う手数料です。物件価格の約3%が一般的です。

○火災保険料・・・・建物にかける火災保険の保険料です。地震保険も併せて計画されている方が多いです。

○団体信用生命保険・・・主債務書の方が死亡・高度障害時に住宅ローンが全額返済となります。(銀行では保険料が必要無い場合もあります。)

○保証料・・・・・保証会社に支払う保証料です。基本的には保証人は必要ありません。

○不動産取得税・・・・土地や建物などの不動産を取得したり建物を建築したりした時にかかる税金です。1回だけの課税です。

○固定資産税・・・・・土地や建物などの不動産を取得している場合にかかる税金。毎年かかる課税です。

その他にも

地鎮祭・上棟式費用、仮住まい費用、引越、家具、カーテン、家電等が考えられます。

諸経費の金額はそれぞれ様々ですが物件価格の3%〜8%と言われていますのでこのようなお金も予算に入れて資金計画をしっかりと組む事が大切です。

その中で住宅ローンをどのように借りるかは?最重要ポイントになりますので

7月27日(日)南大阪事務所にて13:00〜「賢い住宅ローンの借り方」セミナーを行いますのでご興味の有る方はご連絡お待ちしております。

連絡先:072−362−6838 担当竹内まで