家守り。

2014.2.16|カテゴリー「南大阪便り ,家守り ,木の家づくり」|投稿者 竹内政敏

 いつもブログをみていただき有り難うございます。

家を建ててから15年近くになりますと外部のメンテナンス作業がでてきます。

設備機械関係で言えばこの冬の寒い時期は給湯器と暖房用のボイラーが圧倒的に多いです。私の担当している南大阪

地域でも年々増えてきています。

それ以外には屋外デッキです。

5年くらいに一度再塗装をかけているデッキは耐久性が高くなって15年くらい経ってもデッキを全面やりかえる程の

傷みはさほどありませんが10年くらいに1回の再塗装したデッキはやはり傷みが早いです。

なかなか普段の生活の中でのデッキ塗装は難しいとは思いますが

今回も堺市の住まい手さんYgさんの家のデッキも6年前に塗装をしましたがその時には少しデッキに傷みが

あり、そこから水が浸透して腐ってきたと思います。

今度は耐久性の高い「イペ」と言う熱帯雨林のデッキ材を使う予定です。

別名「アイアンウッド」と言われていて海岸沿いの公園などのデッキ材として使われている材料です。

柳田さんデッキ