手渡しの大切さ。

2015.8.31|カテゴリー「南大阪便り」|投稿者 竹内政敏

こんばんは。

ケイ・ジェイ・ワークス南大阪の事務所が建っている敷地は借地として
事務所前の住まい手さんTtさんから借りていて毎月月末に地代を現金を
封筒に入れて手渡しています。
かれこれ5年間。毎月ですから計算すると・・・・・丁度本日で60回目です。

昔の方は給料は手渡しで貰って家にそのまま持って帰って封筒毎渡していましたが
今は銀行振込で貰うのは給料明細だけ
給料日が待ち遠しく後何日で給料日という経験を私もほんの少しですけど
アルバイトで経験しました。

今は全てがデジタル化!そこには会話も何も存在しない。
少し寂しい気がします。

なのでケイ・ジェイ・ワークス南大阪では地代のお支払いを手渡しでしています。
毎月末、大家さんである住まい手さんと少し会話をします。

「今月も有難うございました。来月も宜しくお願い致します。」
「もう月末!いつも時間が経つのが早いね〜〜」
などなど・・・・・・
60回分の会話がありました。

何気ない会話が結構、大切ですね。

今月も有難うございました!