方違神社。

2013.6.30|カテゴリー「南大阪便り」|投稿者 竹内政敏

いつもブログをみていただき有難うございます。

先日、堺市の方違神社さんに行ってきました。

お客様との間取りの話の中で鬼門や裏鬼門の事や家相の事を良く聞かれる事があります。

その他に風水と言うものもあり、これを全て受け入れてしまうと住みづらい家になってしまう事があります。

そこで、その救世主が方違神社さんです。

DSCN2857 DSCN2856

堺市三国ヶ丘にある方違神社の起源は古く、崇神天皇により創建されたと伝えられていて、

この界隈は摂津・河内・和泉の三国の境に位置していて

「三国山」「三国のちまき」「三国丘」(現在の三国ヶ丘)と称されていました。

Sakai Osaka chapter.svg現在の堺市の市章です。この「市」の三国が組み合わさった市章です。

三国の境界にある為、方角の無い聖地であると考えられ、古来より方災除けの神として参拝者が

絶えませんでした。

ここには東西南北が存在しないと言う事で家相や風水の事で悩まれている方が遠方からも来られている事でも

有名です。

DSCN2858 DSCN2855

方違神社の横を通ているケヤキ通りです。写真より緑が多くトンネルみたいですよ。これからの時期は

気持ちがいいですよね。

歴史の街、堺市でした。