木の家は、あたたかい。

2013.2.25|カテゴリー「南大阪便り」|投稿者 竹内政敏

いつもブログをみていただき有難うございます。

毎日寒い日が続きますね。今朝は氷点下まで下がっていました。

朝、南大阪事務所に入ると温かいんです。

写真.JPG4 写真.JPG5

朝8:00の外気温が2度で室温が11度ありました。事務所では生活をしていないので志事が終われば

暖房器具を消して帰り無人になる為、通常でしたら外気温度に近い室温になるのが常ですが

私たちが提案している木の家は違います。

理由はいろいろありますが、その一つに断熱材があります。

写真.JPG1

新聞の古紙を再利用したセルローズファイバーです。これが壁面に隙間なく充填している為です。

それと自然エネルギーの恩恵をもらう事ができます。

今日は寒かったですが天気が良かったので10:00ごろからは太陽の恩恵をもらいました。

南側に面した屋根とガラスが集熱してその温かい空気を建物の中に取り込むシステム(そよ風)です。

写真.JPG6写真.JPG3写真.JPG2

手前は住まい手さんTtさんの家で奥が事務所です。集熱面積(屋根)とガラスが住まい手さんの家と比べると

少ないので集熱効果はあまりよくありませんがそれで棟温度は53度!ダクトに手を入れると温かい!!!

これでまた明日の朝は温かい事務所が迎えてくれます。

自然に感謝した一日でした。