社内視察ツアーの日 その①

2013.1.22|カテゴリー「南大阪便り」|投稿者 竹内政敏

いつもブログをみていただき有難うございます。

本日はスタッフと一緒に以前にお伺いした「仙酔島」と同じ感謝グループのレスパール藤ヶ鳴・

旧明徳小学校・岡山いこいの村へ岡山県に行ってきました。

DSCN0914

バスの中は研修室です。朝8:00本社(彩都)出発!!

今日のテーマは

①すてられたものをお宝と発想する。

②お祝い能力を高める

です。

最初に訪れたのが岡山空港に隣接する「レスパール藤ヶ鳴」という観光ホテルです。

DSCN0918 DSCN0916

ここではいろいろな体験教室を行っています。

代表的なのが豆腐づくりと和菓子づくりです。

仙酔島でつくっているお塩からでる「ニガリ」を利用して「豆腐」をつくり、その豆腐からでる「おから」を

利用して和菓子をつくっているんです。本来でしたら捨てる物ですが再利用されているのでその結果

お客様に安く提供できるんです。

その他にも地元の方と深い交流があり傷ついた野菜や果物は味は変わらないのですが売り物にならないので

以前でしたら処分していた物を安く買い取ってそれを加工・調理して美味しい料理を提供しています。

DSCN0941 DSCN0940

このボリュームで1,200円は安すぎです。味は最高でした。御馳走様でした。

再利用しているからこそ安く提供できてお客様は満足していただく。これだけではないんです。

その満足以外にここではお客様に喜んでいただく工夫がまだあります。

それは誕生日や結婚記念日や還暦のお祝いなどのお祝いをしてくれます。

今日は講師の三浦さんの還暦のお祝いをしていただきました。(まだ60歳にはなっていませんが・・・・・)

DSCN0945 DSCN0956

ここに捨てられたものお宝にする発想の原点がありました。

学びに感謝です。