蔵再生。

2014.8.12|カテゴリー「南大阪便り ,家づくりの現場から ,家守り ,木の家づくり」|投稿者 竹内政敏

いつもブログをみていただき有難うございます。

泉南市Ibさんの家の蔵が生まれ変わりました。

築100年以上は経っている蔵は今までは物置として使われていて電気も通ってなくいつも薄暗く

100年の年月のホコリで換気も不十分で、用事がないと蔵を開ける事も無く・・・・と言った状態を

このまま見ているだけでは蔵を継承していくためにも何か違う利用方法を時間をかけて検討した結果、

蔵の一部をレンタルスペースとして使っていく事で方向性が決まりました。

やはり手を加えていくと蔵の内部の雰囲気は180度違います。

蔵内部の空気が全く違います。

この時期の蔵内部が少しひんやりと感じる事が何となく気持ちが良いです。

手を加えたのは内部は床の張り替えと階段のかけ替えと電気工事です。

外部は下屋部分の瓦の葺替えと樋のかけ替えと一部漆喰壁の補修と塗替えです。

DSCN5235 DSCN5238

DSCN5237

DSCN5311 DSCN5312