大阪狭山市 Kさんの家

2009.10.14|カテゴリー「南大阪での施工事例(一部)」|投稿者 竹内政敏

外観:ごく淡い黄色のさかん壁に、一部だけブラウン色で塗った板壁をアクセントとしました。2階の角に設けた出窓が、家の特徴的な顔としてデザインされています。

延床面積 28.31坪 国産杉・大壁 そよ風

内玄関:玄関を入ると奥に、更衣室と納戸を兼ねたスペースへとつながっています。 入り口は建具を設けず、お気に入りの布でのれんを作っていただく計画としました。

畳コーナー:畳コーナーは腰をかけて、庭を眺めることができるように、小上がりとしました。 畳下のスペースはもちろん、収納として有効活用することができます。

OMダクト:ダクトの色は、検討に検討を重ね淡いベージュにしました。 ナチュラルな色合いが、木の家にもとても良くあっています。

階段:キッチンに隣接する階段は、人が通るだけでなく、 光の降り注ぐ吹き抜けの役目も兼ねています。

フリースペース:2階は将来家族が増えた時に、自由に間仕切ることができるようにしました。 当面の間は南から降り注ぐ光を最大限に活用し、洗濯を部屋干しするためのスペースとして利用します。

借景:2階の洗面やお風呂からは、鎮守の森を借景として眺めることができます。 街中に住みながら、周りの視線を気にする必要がなく、とても贅沢な空間です。