勉強会

2016.4.15|カテゴリー「南大阪便り」|投稿者 竹内政敏

本日は新たな施工方法の勉強会に参加してきました。

リフォームにも活用できる施工です。

基礎補強に最適なアラミド繊維+エポキシ樹脂を組み合わせる事で

配筋が入っていない基礎や換気口まわりにありがちなクラック(割れ)の補強です。

アラミド繊維とは簡単に言うと防弾チョッキに使われている素材です。

エポキシ樹脂は瞬間接着剤と同じ様な素材です。

今日の実験でスタイロホームにアラミド繊維とエポキシ樹脂を塗り、その上に

スタッフ数人が乗りましたが折れずに何の変化もなく、小さいサンプル(写真左)

に力をかけて折ろうとしてもカチカチに固まっていてびくともしません。

IMG_8325

IMG_8326

その他にも発砲ウレタンの断熱材や床下の湿度を下げるのに床を傷つける事無く床下に潜って施工できる方法など特にリフォームでの対応が今後でてきそうです。

又、ひとつ勉強になりました。