ギックリ腰。

2016.12.20|カテゴリー「南大阪便り」|投稿者 竹内政敏

先週の17日の土曜日、現場でゴミ出しの手伝いをしていた時に

腰に違和感を感じ、、、、、、

確か昨年も今頃、ギックリ腰をやった記憶がよみがえり、、、、、

ただ昨年程、ひどく無くその時はちょっと傷みがあるくらいで

何とかこのままで大丈夫だろうと思っていたのですが

その日の夕方は堺市での上棟式があり、そのころから傷みが強くなり始めて

上棟式も何とクリアーして帰宅。

直にお風呂に入って腰をあたためて応急処置的な、、、、、、

この処置が後から間違いだと判明して

翌朝、ベットから起きようとしたが、傷みで立てない状態。

何度、立とうとしても傷みで立てず。

午前中は安静に、多少動ける様になったので

住まい手さんのKmさんが整骨院を営んでいるので電話を

日曜日で休診でしたが診察をしてくれるという事で病院へ。

色々と診て頂きインナーマッスルが傷めているので針治療、

その時にわかった事ですがお風呂に入ってあたためたのが逆効果だったそうです。

その症状の時はアイシング、冷やした方が良いとの事。

ひとつ勉強になりました。

その後、片と首のコリも判明、猛烈にコッているようで

こちらも併せて針治療とAKA治療(関節治療)。

仕事中は傷みも少なく動けていたのですが家に帰る頃には身体のだるさが倍増して

気怠く何もできない状態。

本日も針治療と電気治療をしているので身体がだるくなる前に早めに帰る事にします。

ギックリ腰は気をつけようが無いのですがなった時は温めるのではなく

冷やす事ですね。