メンテナンス(家守り)

2017.7.15|カテゴリー「南大阪便り ,家守り」|投稿者 竹内政敏

南大阪地域の住まい手さんのお家のメンテナンスは当たり前の話しですが

年々築10年を超えて来るお家が増えて来ています。

10年を過ぎて来ると少しずつですが色々とメンテナンスを

していかなければなりません。

その中で最近よくあるメンテナンスはトイレの水漏れです。

住まい手さんから「トイレから水漏れしているので、、、、」と

連絡が入り出来るだけ早くお伺いします。

まず確認するのは水が何処から漏れているか?です。

配管からなのか?

トイレ本体なのか?

です。

配管でしたら水道屋さんを、

トイレ本体でしたら設備メーカーを

呼びます。

ここ数件はトイレ本体からでしたので直に設備メーカーに連絡をして

近々で来れる日を住まい手さんと打合せをしていただき後日、メーカーが

訪問して修理していきます。

私の役目はそのメーカーへの連絡までです。

修理をして気持ちよくトイレを使って頂く事が

住まい手さんが常に安心して暮らしていける事のひとつだと思います。

トイレ以外では

キッチンや洗面台の水栓金物からの水漏れ(カートリッジやパッキンの交換で対応)

引戸の開け閉めが最近重くなった(戸車に髪の毛かホコリが絡み付いてそれを取り除くか

戸車の交換)

外壁やデッキの汚れが気になる(再塗装で対応)

その為のメンテナンス家守りだと考えて日々行動しています。

 

それとトイレの事で言い忘れましたがウオシュレットリモコンが壁掛けの機種の場合

そのリモコンが誤作動を起こした時は先ずは電池の交換をしてください。

新築の時から電池交換されていない場合が多いですので電池切れが原因の可能性が

あります。毎日使うトイレですからストレスはかけたく無いですよね。

IMG_2008