木の家のメンテナンス。

2012.12.7|カテゴリー「薪ストーブのある暮らし」|投稿者 竹内政敏

いつもブログをみていただき有難うございます。

先日、東大阪の住まい手さんのStさんからお風呂場入口の建具の調子が悪いので見て欲しいと言うメールが

入り早々に本日行ってきました。

建具を外してコマを確認すると劣化してコマが半分近く磨り減っている状態でしたので、近くの

ホームセンターへ同等のコマを買ってきて取替作業をしてきました。

DSCN0669

2箇所共、交換をしましたのでもう大丈夫です。コマが磨り減っていた分、建具の滑りが重かったようです。

コマを交換してから奥さんがいつもの調子で建具を引くと勢いよく開く建具にビックリされていました。

今後はストレスもなくスムーズです。ご安心を。

ここはお風呂の出入口の建具でしたので少し傷みやすい場所でもあります。

DSCN0671

12年経っても木のお風呂は良いですね。お手入れは換気をしているだけです。

まだ木の香りがしていました。

DSCN0673

本日、Stさんの家では近所の方が集まり囲碁を楽しまれていました。

聞くと月に2回13:00〜17:00くらいまで定期的に行なっているようです。

囲碁や将棋や麻雀は先の手まで読んでいきますので頭の運動には一番良いそうです。

でも終始和やかな雰囲気の中で囲碁を楽しまれていました。

お土産もいただいて有難うございました。

今度、ゆっくりと又、お邪魔いたします。

 

 

 追伸、

楽しさ満載。。。

ファーマーズマーケット「彩菜みまさか」やパン屋さん、薪ストーブのある「かぐらカフェ」、家具雑貨の「かぐら」、田舎の役場のようなオープンオフィス、薪ストーブで愉しむ宿泊体験できる小国館、「コラボ食堂」、落語の「彩都 木楽亭」、蕎麦打ち教室、プチ畑など盛りだくさんのくらしの杜」・・・『杜の学校』『住まいの学校』と学びの場も益々進化中です。

KJワークスの「福井の気づきブログ」でも情報発信中です。ぜひ、ご覧ください!