灰活用。

2015.4.29|カテゴリー「薪ストーブのある暮らし」|投稿者 竹内政敏

いつもブログをみていただき有難うございます。

この冬に使った薪ストーブの灰は皆さんどうされていますか?

灰はゴミでは有りません。

南大阪事務所では玄関横に小さな花壇があるのですが、そこに大家さんでもある

住まい手さんのTtさんから庭のモミジの一部を貰って事務所の花壇に

3年前に植えたのですが最初は中々成長しませんでした。一昨年の2013年の12月

から薪ストーブを事務所で使う様になってから灰を花壇に巻いていたらモミジが

急成長して現在では大きなモミジ生まれ変わり生き生きとしています。

ストーブからでた灰は土壌調整剤として土に混ぜることがあり灰を入れると、

土がアルカリ性に傾き、土に空気の層ができます。ミネラル(カリウムなど)を

多く含んでいるので土壌改良に適しています。

工事中のわが家の土地は粘土質なので薪ストーブの灰を巻いて土壌改良を試して

みようと計画中です。

2年前の事務所のモミジ(左の写真)と現在のモミジ(右の写真)です。

DSCN1763

DSCN6810