薪ストーブを学びに長野県へ。

2013.10.25|カテゴリー「薪ストーブのある暮らし」|投稿者 竹内政敏

いつもブログをみていただき有難うございます。

昨日は日帰りで長野県へ薪ストーブの勉強へ行ってきました。

朝6:45に彩都を出発して長野県へ・・・・・・

10:30に目的地のファイヤーサイドへ到着です。

写真.JPG4写真.JPG5写真.JPG6

ここの倉庫でアンコールと言うストーブを解体しながら構造を学びました。

写真.JPG3写真.JPG2 写真

アンコ-ルの解体です。ファイヤーサイドのスタッフの方の説明を聞き、ストーブの取扱い方法や

メンテナンス方法などを詳しく教えていただきました。

皆さん真剣な眼差しで勉強しています。

このアンコールは住まい手さんも使っていて彩都の「かぐら」でも使用しています。

一言で薪ストーブと言っても沢山の種類がありそれぞれ取扱い方も色々です。

でも共通して言えることは「火」はやはり癒されますね。

今回も沢山の事を学びました。

ファイヤーサイドの方、お忙しい中、有難うございました。

往復600キロの長野、日帰り勉強会はきついですね。