農地が ? 薪ストーブのある家に・・・

2012.12.7|カテゴリー「彩都の不動産屋さんのお知らせ」|投稿者 福井綱吉

小学校区を決めていて、緑が豊かで、山間の自然な環境の場所に住めたら・・・そんな想いのご夫妻。

 

そんな時、「一度、現地を一緒に見てほしい!」・・・そんな電話がありました。

 

かなりお気に入りだけど、広い分だけ、金額は高いし、農地転用、地目変更手続きや整地、擁壁工事、更に、田んぼのため、当然、地盤改良、上下水道設備工事も引き込む必要もあって、土地代にプラス400万円ぐらいは必要となってきます。
現地を見て、面白い土地だけに、予算が悩みどころですが、こうした環境の土地はこの地域ではほとんど売り物件はないので、まずは土地建物の資金計画を立てて、前に進むことになりました。

 

敷地が農地ですから・・・

敷地が農地ですから、先ず測量して、近隣の方々との境界確定。
それから農地転用手続きや開発許可申請を行って、来年の3月ぐらいまで宅地になる予定ですが、早い段階で、開発許可申請を進めるに際し、細かいところは別として役所にプランの提出が必要になります。