箕面市 最低敷地面積って・・ !?

2016.5.18|カテゴリー「彩都の不動産屋さんのお知らせ」|投稿者 福井綱吉

箕面市は、まちづくり条例があります

土地探しや中古住宅探しのサポートをしていますと、依頼者の方から箕面市は、区画の大きい戸建が数多いですね ! と質問を受けることがあります。
 
昔から箕面市に暮らしている方はご存知の方も多いのですが、別の市町村から住み替えされる方は、わからないと思います。

箕面市では、戸建の最低敷地面積について「箕面市まちづくり推進条例」で以下のように定められている。 箕面市まちづくり推進条例の例外では、1978(昭和53)年7月1日以前に敷地分割された土地については、最低敷地面積未満であっても再建築可能です。
用途地域
最低敷地面積
第一種低層住居専用地域
第二種低層住居専用地域
150㎡以上
第一種中高層住居専用地域
第二種中高層住居専用地域
100㎡以上
その他の地域
80㎡以上
推進条例の例外では、1978(昭和53)年7月1日以前に敷地分割された土地については、最低敷地面積未満であっても再建築可能です。 例外の物件を探すときは、箕面市都市計画図も確認して土地探し・中古住宅探しをしましょう ! 
折角、高価のお買いものをしたのに、建替えができない ? 増築ができない ?ことにならないよう、スタッフさんに聞いてくださいませ。 家を処分するときまで影響しますよ。