箕面森町宅地分譲【建築条件なし】はじまりますね。

2017.5.8|カテゴリー「彩都の不動産屋さんのお知らせ」|投稿者 森和久

新名神早期開通や北大阪急行延伸などの話題もあって、人気のある 箕面森町「里山そらテラス(里山二期エリア)」。
下の写真は分譲する土地で、実際どの土地がいいのか ? 悩みますね ! 手前から①.②~⑥画地です。
IMG_0137_2017_05_09
北東側の道路幅はナント14m (歩道含む)もあります。

平成29年6月上旬販売開始予定になっていますが、正式な販売区画と価格、販売方法の発表が待ち遠しいです !

2017_0002_132104

 

「里山そらテラス(里山二期エリア)」の特徴は !?

  1. 通風と採光に配慮して、2面接道の街並み(一部省く)を実現されています。
  2. 自然や街並みと一体化は、オープン外構+緑化率20%で確保されます。
  3. 電柱・電線を埋設されています(一部省く)ので、空が広く開放的な街区となっています。
  4. 道路幅が広いです。
  5. 南風・南南西の気持ちいい風が取り入れられます。
  6. 里山そらテラスでは箕面森町に希少な大きな土地も用意されています。
  7. ①~⑤・⑦・⑮・⑯・⑰画地は2方向道路共に高低差が最小限に抑えられています。

 

「里山そらテラス(里山二期エリア)」予告広告は !?

satoyama_minou2017_02

satoyama_minou2017

箕面市全体を見ても、大きな土地販売は希少で、今回の箕面森町 里山そらテラスでは(⑧.⑨.⑩.⑪.⑫.⑬.⑭)で大きな土地が用意されています。
⑨は約222坪もあります。

 

詳しくは、箕面森町の公式ホームページをご覧くださいませ。
KJWORKSでは、5月13日(土)に箕面森町《里山そらテラス》土地の見方 勉強会を開催します。
今のうちに土地の見方など勉強しておきませんか。

 

「追記」

北摂の暮らしは夏は比較的涼しいですが、冬はちょっと寒いです。
宅地、家づくりと同時に「冬の暖」も検討される方は、薪ストーブのお店「KAGURA」にもお立ち寄りくださいませ。
大きな土地に、大きな家でも十分暖まる「薪ストーブ」も展示していますが、ペレットストーブもあります。