不動産取引って ! ?

2015.11.8|カテゴリー「彩都の不動産屋さん」|投稿者 森和久

土地や建物を購入したい ! 部屋を借りたいと不動産会社さんを訪れたとき、各不動産会社から希望条件に沿う様々な物件を紹介されると思います。
これは、各不動産会社が「レインズ」という業者間の物件情報ネットワーク(データーベース)を利用しているからです。

 

「レインズ」には、日々大量の物件情報が登録・更新されており、各不動産会社さんはその豊富な物件情報の中から顧客の希望に沿う物件を検索しご紹介しています。

 

物件の売却を依頼された不動産会社には、指定流通機構(レインズ)に物件を登録する義務(※)があります。

レインズに登録された物件情報は、物件の購入を依頼されている不動産会社と即座に共有されることとなり取引成立の迅速化を実現しています。
また、レインズに蓄積されている膨大な成約情報は、物件売却時の価格査定等にも活用されていますよ !

 

不動産を売るとき・買うときに、各不動産会社さんが、どのようにレインズが利用されているのか、下記のイラストをご参照ください !

 

01

不動産流通機構のHPから引用