「北摂」で、Mさんの木の家 工事はじまっています !

2017.8.20|カテゴリー「彩都の不動産屋さん」|投稿者 森和久

箕面森町で、E-BOX 建築は3棟目になります。

6月19日(月)から「箕面森町」で、木の家づくりを行っている Mさんの家 擁壁工事から建築工程がはじまりました。
擁壁工事完了後、基礎工事、デッキを支える独立基礎工事と進み、7月中旬頃には上棟工事へ進む段取りです。
隣地の方も同じ時期に工事が始まるようで、段取りよく工事を進めていきます !
建物完成は、11月上旬の予定ですが、今から完成が待ち遠しいです。

 

20170820.「お盆明けまでの進捗状況」大工工事

今日、お盆明け初めて現場確認してきました。
1、2階の内装下地の石膏ボード貼りは、ほぼ完成していました。
階段も設置完了です。このペースだと8月末には大工工事完了の予感です。

 

外壁下地の通気層です。

外壁を施工したら、見えなくなる部分ですが、きっちりと施工していますよ !

 

屋根に四角い箱のようなモノが見えますが、これが薪ストーブ用のチムニーです。

コンツーラーC51ヤンソンの離隔距離を考えると今回は曲がりなく、綺麗にストレートで行けそうです。

走り書きで、書いています 2350+408+2400+770 = 5928mm の寸法が、薪ストーブ設置には大事な寸法です。

安定したドラフト効果が期待できる理想的な煙突長さになりまネ !

 

20170805.「祝、上棟式」大工工事


建て方完了工事から一週間が過ぎて、本日、上棟式を執り行われました。

上棟式は、無事に棟が上がったことに喜び、棟梁や大工さんたちへの感謝の気持ちを表す意味で執り行われます。
また今後の工事の安全を祈願し、建物完成に向けて頑張っていきます。
M様、本日はありがとうございました。

 

20170730.「薪ストーブ機種決定」

以前からインテリアにも薪ストーブにもこだわりたいとのお話だったので、『飽きのこないシンプルなデザイン』と『機能的で長く愛用できるような実用性』を感じるデザイン大国スウェーデンのコンツーラ『C51ヤンソン』に決定です !


給気レバーは1ヵ所。 状況にあわせて調節し、シルクファイヤーも楽しめます。
気が早いですが、設置が愉しみですよネ !

 

20170727.「建て方の翌日」大工工事

隣地の建物も、本日が建て方のようです。

 

20170726.「建て方工事」大工工事

朝から建て方工事はじまって、11時頃の現場状況です。
ビッグウォール工法が採用されていて、壁に断熱材や梁、柱などの構造材が組み込まれて、窓や防水紙までセットされています。
そのため、その大きな壁パネルを組んでいくと家の構造廻りの主要な工事が即座に完了していきます。

 

20170725.「土台引きと先行足場」大工工事

今日から現場に大工さんが入っていただきました。土台敷き工事も完了しています。

 

20170723.「基礎工事」完成

 

20170710.「基礎工事」配筋検査

天気にも恵まれ、順調に基礎工事も進んで、今日基礎の配筋検査でした。

 

20170706.「擁壁工事完了」

擁壁工事も完了して、いよいよ建物の基礎工事に現場の工程は進んでいます。

 

20170627.「擁壁工事」

 

20170610.「敷地配置確認」

 

20170405.「現地下見」

 

話は変わりますが、大阪府分譲地「里山そらテラス宅地分譲」の大盛況のようでしたね。
「箕面森町」は、夏は彩都より涼しく、冬は彩都より寒い地域なので、冬場の「暖」を中心に考えた家づくりをお勧めしています。

夏は「涼しく」冬は「暖かい」木の家をご検討の方は、お気軽にお問合せください。