安本のブログ

19b0952340348cefe1314eb7716f2588

2017.12.11

あっと言う間の10年

築10年が経過した寝屋川市のKさんの家にご挨拶に行ってきました。 Kさんは、土地探しを継続され苦労の末に現在の土地に出会い、木の家づくりが始まりました。 計画当初から動線や太陽熱集熱のシステム、そして無垢の木の家づくりにこだわりがあったKさんとは綿密なお打合せを継続して設計を進めてます。
DSC08454

2017.12.9

木の家のゼロエネルギー住宅

最近、ZEH(ゼッチ)と呼ばれるゼロエネルギー住宅が家づくりの中で頻繁に聞かれるようになりました。 ZEH住宅では、断熱性を上げたり、省エネ機器を使って家の消費エネルギーを減らして、太陽光発電などの作り出すエネルギーで家庭のエネルギー収支をゼロにするという考え方です。
IMG_8253

2017.12.6

小国杉の名札

ケイジェイワークスでは無垢の木の家づくりの場合、構造材には阿蘇・小国杉をお勧めしています。 杉の中では粘りが強く、丁寧な乾燥技術で割れが少ない小国杉は、真壁、大壁どちらにも合う構造材としてピッタリの性質を持っています。 他の産地の木も扱う大工さんも小国杉は釘が良く効く、削っていても固いと評判です。 木目には独特の表情もありますが、それもまた小国杉の特徴ですね。
IMG_8206

2017.12.5

カレーはみんなのごちそう、薪ストーブは寒い日のごちそう!

先日、大阪市内で打ち合わせがあったため元コラボ食堂の人気店で、出店時にはお店の工事を手伝わせていただいたカレー店「スパイス食堂ニッキ」さんを訪問しました。 ニッキさんは、テレビや雑誌にも取り上げられた人気店で、あまり遅くいくと目当てのカレーが売り切れという事もあります。
IMG_8227

2017.12.3

E-BOX 箕面市Nさんの家お引渡し

箕面市で建て替えのご相談をいただいておりましたNさんの家がついにお引渡しです。 建て替えのため解体からスタートして年末までのお引越しが間に合いました。 薪ストーブは無いですが、マッハシステム搭載のE-BOXの家です。 彩都モデルハウスをとても気にって下さり、E-BOXの基本スタイルを採用させていただきNさんのこだわりや暮らしからのご提案を盛り込んだNさんオリジナルのE-BOXになりました。
IMG_8219

2017.12.2

ローラーで塗る漆喰

ケイジェイワークスの家づくりでは、室内の壁は塗り壁が基本です。 塗り壁と言っても、左官屋さんが塗る漆喰や、珪藻土、火山灰由来の塗り壁など色々ありますし、 塗装屋さんが塗る水性塗料などもあります。そしてローラーで塗る漆喰も。
IMG_8216

2017.12.1

掃除のご褒美

彩都暮らしの杜は、敷地が広いため樹木を植えられている面積も多々あります。 この時期になると、木々の伐採、お手入れがしやすくなるようになってきました。 敷地の南側、彩菜みまさかの第2駐車場との間の大掃除をKJWORKSのスタッフで行いました。
古民家リフォーム

2017.11.30

古民家と薪ストーブ

古民家と呼ばれる民家系住宅で築年数が相当古い家のリフォームのご依頼、ご相談が増えてきています。 現在の家と作り方が異なる古民家は、リフォームでもある程度の経験やノウハウが必要です。 ケイジェイワークスでも築70年~200年以上の古民家リフォームに数多くかかわらせていただいています。 その中で、耐震補強と合わせて大きな改善点が冬の寒さ対策です。
IMG_8195

2017.11.26

E-BOXの施主検査と蜜蝋ワックス塗り

箕面市で建築中のNさんの家がいよいよお引渡し前になりました。 今日は、Nさんの施主検査と蜜蝋WAXの日でした。 KJWORKSのEーBOX彩都モデルハウスをとっても気に入ってくださったNさん。 Nさんの家も、モデルハウスの雰囲気を大胆に採用しています。 そのままのコピーではなくNさんの暮らし方やご要望をたっぷり盛り込んで応用したプランになっています。
DSC08497

2017.11.24

長岡京のTさんの家足場が外れて明るい室内に!

建築現場は工程によって違う顔を見せます。 基礎工事中は、思ったより小さい面積に見える錯覚があります。 反対に建て方工事が始まるとそのボリュームに圧倒され、 大工さんの工事中は、道路の前まで無垢の木のいい香りがしてきます。
DSC08475

2017.11.22

板金加工には四角い木づち

本日メンテナンス工事で、銅板加工を現場で行う工事に立ち会いました。 築25年のお住まいの木製玄関ドアの下部が痛んできたので補修の作業です。 屋外の制作木製ドアの下部は、水撥ね等で傷みやすい箇所なのでKJWORKS施工の家では、だいたいが下部に銅板を貼る施工をお勧めしています。
IMG_8173

2017.11.21

高槻市のTさんの家で防音工事始まりました

今回防音リフォームをすることになったTさんの家は3階建てで前回工事は2階が中心だったのですが今回は3階の個室の工事です。 ご主人が趣味の音楽を心置きなく楽しみたいという事で、趣味の部屋としての部屋を防音仕様にする工事となりました。 防音については、セルローズファイバーかロックウールです。 今回は、ご予算と施工上の点からロックウールを採用しました。
scroll-to-top