安本のブログ

IMG_4421

2018.1.14

宝塚でマッハシステムと薪ストーブの家完成間近

現在宝塚で建築中のAさんの家がいよいよ完成間近に迫ってきました。 Aさんの家は、マッハシステムと薪ストーブのある木の家です。 全館空調でありながらシンプルな造りとランニングコストの兼ね合いからマッハシステムを選択されたAさん。 土地探しからご一緒に関わらせていただき、ついに完成が近づいてきました。
十日えびす

2018.1.11

十日えびす

お正月明けの1月10日と言えば、十日えびす「通称えべっさん」です。 子供のころは、今宮えびすしか知らず、すごい人出で屋台目当てに行ったらえらい目にあったイメージがありしばらく敬遠していましたが、働き始めるとやはり仕事柄縁起担ぎという事で、身近な存在になってきました。
無双窓

2018.1.8

無双窓

無双窓とは、無双連子と呼ばれる板状の格子を組み合わせることで、開けたり閉めたりできる格子窓です。 開けると格子状に向こう側が見えたり、空気の出入りをすることができますし、講師を閉めると板壁のようになります。 そんな、無双窓を吹き抜けに面した壁に取り付けています。 吹き抜け部分からの風を取りたいときは空けておけますし、寝室になっている部屋なのでリビングが明るいと寝室も明るくなってしまうので、必…
P1270581-1

2017.12.27

2017年仕事納め

今日は、ケイジェイワークスの仕事納めの日。 スタッフ総出で、くらしの杜の「かぐら」や小国杉のモデルハウス、E-BOXのモデルハウスなどの大掃除を行いました。 と言っても私は、昨日から打ち合わせが連続して続いていて、プランご提出の打ち合わせを午前中に行って、午後から大掃除に参加いたしました。 年末に打ち合わせが多く重なり慌ただしい年の瀬でしたが、来年の家づくりのためにも踏ん張りどころです。…
IMG_8299

2017.12.20

マッハシステムと薪ストーブの相性

ケイジェイワークスの家づくりの中で、暖房のご提案としては ・エアコン1台で全館空調する「マッハシステム」 ・薪ストーブやペレットストーブ ・太陽の熱で家を温める「そよ風」 のどれかをお勧めすることが多いです。 それぞれ異なる特徴があるため、住まい手の方の好みやライフスタイルによって選択肢が変わってきます。 どれが一番という事はなく、立地などを含め総合的に判断します。
DSC08676

2017.12.19

古民家リフォーム勉強会を開催!

先日の日曜日に、家ゼミ「次代に引き継ぎたい古民家リフォームを学ぶ会」を開催いたしました。 定員いっぱいの参加者にお越しいただき、笑いあり、質問あり、薪ストーブありの盛り上がった勉強会でした。 今回は、なるべく参加者の方のご意見も聞きながらの双方向の勉強会にすべく人数は少なめで考えていたのですが、熱心な参加者のご意見やお話からすると丁度良い感じの規模だったかなと思います。 ケイジェイワーク…
IMG_8298

2017.12.16

成長した子供部屋の間仕切り

お子さんが小さい時に家を建てられる場合、子供部屋は最初から区切らず広いスペースとしてプランニングすることが多いです。 兄弟がいても、小さければ一緒に遊ぶし、一人で寝られない場合大きな空間であれば家族一緒に寝ることができるため、仕切られる前の子供部屋は多目的スペースとして活用されています。 ですが、お子さんが成長するにしたがって個室を望むようになると、広いスペースには間仕切りが必要になります。 …
IMG_8283

2017.12.15

E-BOX1周年記念キャンペーン開催中

昨年にE-BOX彩都モデルハウスが誕生して1周年。 その間に、各地で続々とE-BOXが誕生しています。 この1周年を記念して、薪ストーブ専用住宅E-BOXをもっと知っていただけるように「薪ストーブの家に住みたいご家族 応援キャンペーン」を開催しています。 あこがれの薪ストーブをもっと身近になっていただけるように新築時に薪ストーブ専用住宅E-BOXを通じで応援させていただくキャンペーンです…
IMG_8247

2017.12.12

おうちと暮らしのうつわ展 ~やまねの森~

箕面森町でCafe&アトリエとして雑誌等に度々登場している「やまねの森」 ケイジェイワークスで家づくりと、カフェ工事をさせていただいたお店です。 8年前に箕面森町に家づくりをさせていただきました。 当初から、敷地にお店作りの構想があり、アトリエとして開業できるように家の配置から作り方まで先に検討を進めていました。
19b0952340348cefe1314eb7716f2588

2017.12.11

あっと言う間の10年

築10年が経過した寝屋川市のKさんの家にご挨拶に行ってきました。 Kさんは、土地探しを継続され苦労の末に現在の土地に出会い、木の家づくりが始まりました。 計画当初から動線や太陽熱集熱のシステム、そして無垢の木の家づくりにこだわりがあったKさんとは綿密なお打合せを継続して設計を進めてます。
scroll-to-top