安本のブログ

木の家、2階リビング

2018.3.3

2階リビングの効用

通常LDKは1階にあり、個室が2階にあるパターンが多いのですが、最近は2階にリビングを持ってくるプランが増えてきています。敷地の条件により1階に通風採光が取りづらい場合や、2階からの景色がいい場合などは2階リビングをご提案することが多いです。2階リビングは、敷地が囲まれていても採光が取りやすいというメリットがあるのですが、その他にも意外なメリットが数多くあります。
大工、木、香り

2018.2.27

ケイジェイワークスの建築現場は香りが違うと言われます

臭いと言う、人間の感覚は不思議なものです。嗅覚は人間の感覚の中でも原始的な感覚と言われていて、臭いをかぐとその時々の思い出がよみがえることもあるそうですし、味覚にも影響を当たえているようです。そんな嗅覚をリラックスさせるのが木の香りです。無垢の木にはフィトンチッドという成分が含まれていてその成分が人をリラックスさせると言われています。
青い、引き戸

2018.2.26

ナラの床と青い建具

現在建築中のAさんの家は、完成間近に迫っています。 Aさんの家は2階にリビングがあり、とっても明るく見晴らしがよいプランになっています。 そんな、Aさんの2階リビングの入口に登場するのが青い扉。 青と言っても淡いブルーで、雰囲気良く小窓が付いていてフローリングのナラ材とよく合います。
E-01

2018.2.20

住宅ローンは計画性が大事

月々の支払が、87,000円と79,000円 これは、住宅ローンを同じ3000万円を同じ35年で返済するときの月々の返済金額です。この金額月8,000円の差は、返済を固定金利で返すか、変動金利で返すかという選択の違いだけで生まれる差額です。もちろん、変動金利は金利が変わるため当初予定の金利が続く保証はありません。むしろ上がる可能性の方が高いです。ただここ数年今が底と言われ続けて現在に至っているこ…
制作ベッド、マンション

2018.2.17

1cmの攻防

吹田市のマンションにお住いのYさんから、造り付け収納件、立体ベッドのご要望をいただき、工事を行いました。ご家族の人数の変化により、部屋の使い勝手が変わるため部屋を有効利用する必要が生じ今回のご要望になりました。 お手持ちの洋服や本、デスクなどを部屋に配置するとベッドを置けないため、ベッドを宙に上げてその下を活用するという案になったのですが、そこから難問が! マンションの低層階では、概して天…
古民家、屋根

2018.2.13

古民家の屋根の上にて

以前、古民家リフォームをさせていただいたAさんの2年点検に行ってきました。 Aさんは、古民家の購入からお手伝いさせていただいていて、古民家ならではの問題を一つ一つクリアしつつ、ついに念願の築100年以上の古民家を取得されました。 その後、大規模リフォームをして薪ストーブの似合う、モダンな雰囲気を持つご自宅へと変わりました。 外観は、いたって普通の古い家の雰囲気を残していますが、一歩室内に入る…
薪ストーブ、焚き付け

2018.2.11

焚き付けがない!複合技で乗り切りました

ケイジェイワークスのモデルハウスE-BOX彩都モデルハウスは、くらしの杜から徒歩5分ほどの距離にあります。 毎週日曜日オープンしていまして私は本日モデルハウスの当番だったのですが、いつも薪ストーブ点火に使っている焚き付け材が底をついていることに気が付きました。 本社に焚き付け材を取りに戻っている時間がないため、有り合わせの材料で薪ストーブの点火にチャレンジしました。
地盤調査、スウェーデン

2018.2.7

地盤調査のお話

普段地盤調査はスウェーデン式サウンディング試験というもので行います。 この調査方法はその名の通りスウェーデンにて鉄道敷設のための地盤調査のために開発された手法で日本では戦後導入されました。 基本は、ロッドや錐、重りの組み合わせで地面にロッドを突き刺し、地面にロッドを回しながら押し入れていくのですがその際の過重と回した回転数を数式に組み入れて地面の強度を算出します。 その数値は換算N値と言われ…
住宅ローン、勉強会

2018.2.5

住宅ローン金利のヒント

今は住宅ローンの金利が空前の低金利時代と言われて久しいです。 低金利が長いこと続いているので、これが当たり前と錯覚してしまわないかと思います。 実際住宅ローンの金利は、フラット35の手数料低率型で1.4%くらいです。 ほんの10年前までは3%弱まであったので、比較するとずいぶん安くなっています。 ちなみに金利が1%変わると3000万円35年返済で総返済額が600万円以上変わってきます。…
IMG_2833

2018.2.3

薪ストーブのある木造平屋を体感!

平屋建ての家に憧れる方は多いと思います。 特にマンション暮らしが長いと家の中に階段があることに慣れない!と言われることもあります。 今回、堺で平屋の家を建てられたKさんの家の見学会を開催することになりました。
scroll-to-top