陽だまりの暖かさを木の家に

2016.10.30|カテゴリー「安本のブログ」|投稿者 安本峰樹

彩都のモデルハウスには、太陽集熱換気システムの「そよ風」が採用されています。

「そよ風」は屋根で太陽の熱を集熱し、温めた空気を床下に送ることで建物の基礎を温め、太陽熱を夕方以降にピークシフトしてくれます。

ガンガンに暖かいわけではなく、ポカポカというか、ほんわかとした温かさが家を寒さから守ります。

本来なら捨ててしまうエネルギーを家に取り込むことで、省エネでエコロジカルな暖房換気です。

 

この時期はまだモデルハウスも薪ストーブを焚いていないので、そよ風の暖かさを実感するまたとないチャンスです。

最近は外気温も20度を切り、日陰は少し肌寒くなりますが、室内はポカポカの25度以上です。

ちょっと暑いので窓を開けるくらいです。

 

陽だまりのような温かさを是非ご体感ください。

そよ風を体感するにはこの時期がお勧めです~

IMG_6849