口にテープが、なじんできましたね~

2017.5.17|カテゴリー「安本のブログ」|投稿者 安本峰樹

今日のブログは、家づくりとは、ちょっと違う話題です。

私はもともと、ぜんそく持ちでアレルギーもあり、風邪をひいていったん咳が出だすと咳が何か月も止まらない、という事が続いていました。

いろんな、薬や治療を試してみましたが中々効果が出ず、ある時お医者さんから言われた言葉がヒントで自分なりの治療法を確立しました。

それは、

「咳が続くと、喉が腫れてくる、喉が腫れてくると腫れた刺激が気管に伝わり咳がでる。咳が出ると・・・」の繰り返しという話でした。

その仮説を基に、まずは喉の腫れを減らす工夫をしました。

色々な工夫の結果、

・寝ているときの口呼吸が喉によくない

・喉が傷む前に事前に対処する

この2点の対策にいきつきました。

そこで、最初の口呼吸についてですが、鼻炎持ちのため寝るときにいつの間にか口を開いて寝るのが癖になっているようです。

マスクをして寝たりしましたが、効果がなく、それならば口を開かないようにしようと思って、実行したのが

「セロテープ」を口に貼ってみる!

でした。

効果は抜群で、喉の負担が激減しました。

難点は毎日テープを張っていると唇の廻りが荒れてくる。。。

さらに改良をして、マスキングテープを貼ったり、医療用のサージカルテープを貼って見たりと試してみて、最後に行きついたのが低刺激性のサージカルテープを口に貼る、でした。

ここ数年、低刺激性のサージカルテープを張って寝ることも多いのですが、最近市販品で口に貼るテープのコマーシャルを見ました。

ネットで販売しているのは知っていたのですが、ついにCMにも流れるとは。。。

独自の工夫と思っていた咳の対処法のお墨付きを得た気分です!

ご興味ある方は、まずはテープを口に貼ってみてくださいね~

翌朝の喉の調子がいいですよ~

 

IMG_7493

写真はマスキングテープ

これよりは低刺激タイプのサージカルテープが良いです!