マンションにも木のウォークインクローゼット部屋

2019.3.28|カテゴリー「施工事例」|投稿者 安本峰樹
最近リフォームが多い安本です。

先日、とあるお客様から現在住んでいるマンションの収納を改造したいというご相談がありました。
現在二つの部屋にそれぞれ付いている収納が背中合わせになっているため
その二つの収納をつなげて一つの部屋のように使いたいというご要望でした。
普段はウォークインクロゼット、いざとなれば小さい部屋として使いたいという事です。

もともとは普通の収納のため大きくはありません。
調湿性や雰囲気を重視されるお施主様には、KJワークスでもよく使用している
阿蘇・小国杉の無垢板をご提案いたしました。
阿蘇小国杉は、九州国立博物館の収蔵庫にも使われている、良材です。

艶のある木肌と、中低温でじっくり乾燥させたため木の香りがそのまんま残っています。
ちょっと、サウナっぽい雰囲気になりましたが、収納独特の閉塞感も無く
その場にいても苦にならなないクローゼットにはもったいない部屋になりました。

最近は調湿効果の高いモイスを収納内部に使うことが多いですが、
こうした無垢の木の収納も良いものです。

どちらを選ぶか悩ましいところですが、木の良さは収納にも生かされますので是非ご検討くださいね~

無垢、木、収納、マンション、新築、リフォーム
とても上質な木の空間になりました。
とても収納には見えません!
小国杉の雰囲気が良いですね。
無垢、木、収納、マンション、新築、リフォーム
壁には、ちょっと引っ掛けるのに便利な付長押を木製で制作