彩都のUmさんの家を見る会開催

2017.4.16|カテゴリー「イベントのこと」|投稿者 安本峰樹

彩都で建築中のUmさんの家を見る会が開催されました。

お引渡し前の状態で、梁が表しになったビッグウォール工法が特徴の薪ストーブもある家です。

見晴らしのよい高台に立地しているため、立地を生かした通風採光が見込める斜め配置のプランです。

斜め配置とは、LDKなど主要な部屋をまっすぐ並べるのではなくあえて雁行する形で並べることで対角線の視線の抜けを確保して部屋の広がりを得る手法です。

大き目のデッキを設けることでデッキも部屋の一部のように取り込み広がり感を演出します。

造り付けキッチンに見晴らしのカウンターそしてこだわりの薪ストーブと参加された方はとっても参考になったご様子でした。

彩都にまた新しいケイジェイワークスの木想家が増えました!

 

IMG_0012