現場のお話

木造、リフォーム、高槻

2019.5.29

壁をめくると色々出てきます

現在リフォーム中の高槻市のHさんの家は、家の一部をスケルトン状態にして 間取り変更と断熱のリフォームを行います。 リフォームは、事前の調査が重要です。 しっかりした調査が工事中の想定外を減らします。 それでも、いざ解体すると想定外がやっぱり出てきます。
木の家、3階建て

2019.5.7

台風21号からの復旧あと少しのSさんの家!

去年の台風21号の被害は近畿一円に広がりまだ多くの家が復旧を待っている状態です。 そんなか築10年以上のSさんの家の復旧作業はあと少しとなりました。 Sさんの家は、大きな川の土手沿いにあるのですが、土手沿いの大きな桜の木が台風の暴風で 建物に倒れてきて被害が出たのでした。
IMG-0451

2019.4.30

平成から令和へ この時期こその工事

いよいよ平成も最後ですね。 明日から令和が始まります。 そんな中、私の担当する現場では工事の真っ最中です。
マッハシステム、木の家、2階建て

2019.4.27

マッハシステムの木の家いよいよ外構工事です

現在建築中のHさんの家はいよいよ外構工事が始まっています。 内部も残りは家具や建具、設備機器を残すのみ。 足場も外れて、家の全体が見えてきました。 家づくりの工程では、外部の足場が外れないと外構工事ができません。 最近は熱くなったり寒くなったり、突然の雨などちょっと読めない気候が続いていましたが、 Hさんの家では足場が外れてようやく外構工事に入ることができました。
子供部屋、リフォーム

2019.3.16

2部屋を3人の子供で分けるには!?

現在リフォーム中のAさんの家は、ちょっと工夫をした工事になります。 現在、3人のお子さんがいらっしゃるAさんの家には子供部屋が2部屋しかありません。 建売の家を購入されたので、間取りを変えることができませんでした。 住まわれて数年が経ち、お子さんも大きくなられてもう我慢の限界!という事で 間取りリフォームのご相談をいただきました。
鉄筋コンクリート、基礎、奈良

2018.12.12

基礎工事は鉄筋が命

奈良のHさんの家は、基礎工事の真っ最中です。 家の基礎は鉄筋コンクリートで作られます。 この「鉄筋」の意味合いはご存知でしょうか? なぜコンクリートに鉄筋を入れるのか? 鉄筋が入っていないといけないのでしょうか?
なぐり、スプーンカット、ナラ

2018.12.3

なぐり加工の無垢フローリングいよいよです

なぐり加工ってご存知でしょうか? 「殴り」ではなく、「名栗」です。 木材の表面の削りあとになる凸凹を仕上げとして使う表現方法の一つです。 千利休が茶室の表現方法として、これまで下地仕事だった名栗を、仕上げに昇華させたのが始まりと言われています。
地盤改良、奈良、マッハシステム

2018.11.28

奈良のHさんの家地盤改良工事が始まりました

奈良でマッハシステムの家が新たに加わります! 奈良市内で地盤改良工事が始まったHさんの家です。 土地探しを一緒に続けてきて出会った今回の土地。 南北の二方道路で通風採光に抜群の立地ですが、ひとつ気になる事が。 すぐ近くに池があるため地盤の状態が不安でした。 実際地盤調査を行ってみると・・・
ビッグウォール工法、ごろんぼ、マッハシステム

2018.7.15

丸太(ごろんぼ)はどこに・・・

長岡京市のマッハシステムの家 Nさんの家が先週無事上棟することができました。 体温を超える暑さの中、大工さんの技術と連携のたまものです。 そして今回採用されたビッグウォール工法によって上棟時にはすでに、断熱、サッシ、壁下地に防水紙までが終わっている状態にすることができます。 これには、ビッグウォール工法を始めてみるNさんのお母様もビックリです。
吹田市、木の家、工務店

2018.6.6

吹田市で木の家を建築中のHさんの家、いよいよ大詰めです

現在、吹田市内で木の家を建築中のHさんの家。 建て方をして2か月が経とうとしていますが、大工さんの工事もいよいよ大詰めを迎えつつあります。 断熱工事も終わり、設備の配管も仕込めば後は間仕切りの下地作業に入ります。 下地の途中で、建具や窓などの枠材も加工して取り付けていきます。
scroll-to-top