長岡京のTさんの家 下地工事着々です

2017.8.29|カテゴリー「現場のお話」|投稿者 安本峰樹
DSC07698
長岡京のNさんの家ですが、先週建て方をして大工さんの下地工事が着々と進んでいます。
先週の雨が降るか降らないかという微妙な天気を無事潜り抜け、強運な現場は順調に進んでいます。
現在は、外壁の下地材、モイスの取り付け作業中です。
モイスは、小国杉の家で標準採用されている外壁下地材で、筋かいに代わる強度と湿度を柔軟に調整する調質能力に優れた高機能な建材です。バーミキュライトという自然素材を材料にしているため安心です。
現場はそのモイスが室内から見える状態ですが、壁の室内側、屋外側が仕上がると見えなくなります。
今日も暑い中、大工さんが二人でチームワーク良く下地工事をされていました。
今週末は、いよいよ上棟式です!