マッハシステムの家 断熱工事が着々と進んでいます

2017.10.11|カテゴリー「現場のお話」|投稿者 安本峰樹
DSC08093
宝塚のAさんの家では、断熱工事の真っ最中です。

Aさんの家は、マッハシステム採用の家です。

マッハシステムは全館空調ばかり目が行きますが、家の基本性能もの重要です。

特に断熱気密性脳は国の基準よりはるかに高い性能を求められるため断熱材の使用量もかなりのものがあります。
よく断熱をしっかりしているから気密もバッチリという方もいらっしゃいますが、
気密と断熱は全く違います。

断熱材をしっかり施工していても気密が取れない断熱材もあるので、その場合はきっちりと気密層を施工する必要があります。グラスウールなどは代表的です。
気密と断熱をしっかりすることが暖かい家づくりにはとても大事なことです。

リフォームでも高気密、高断熱は可能ですが、既存の壁や天井の状態やどこまで新規でやり替えるかなどによって、手法が毎回異なるためレベルが上がります。
新築で基本を押さえているからこその、応用したリフォームのご提案もよく行っています。
特にリフォームでは断熱工事を行うと室温が上がることにより結露の発生もあるのでその対策も必要です。

寒さが答えてくると断熱についてのご相談をよくいただきます。

寒さが本格化する前に、気になる方は安本までご相談くださいね~