小国館の大工工事が始まっています

2017.1.11|カテゴリー「現場のお話」|投稿者 安本峰樹

くらしの杜のモデルハウス小国館の大工工事が始まっています。

築12年が経過してリニューアル工事の真っ最中なのですが、私自身12年前に現場監督としてこのくらしの杜建設に携わっていました。

今回、大工さんとして入っていただいている棟梁も、12年前にお世話になった大工さんです。

もう、そんなに経つんか~、小国館のリフォーム着工時に、その棟梁と遠い目をしながら話をしていました。

今回入っていただいている、大工さんはその棟梁のお弟子さんです。

お弟子さんの大工さんが構造部材の刻みをしている風景を見ていると、世代も少し変わり、時代の流れを感じます。

職人さんの高年齢化が叫ばれていますが、ケイジェイワークスの大工さんはしっかりと世代交代が着々と進んでいます。

頼もしいですね!

IMG_7091

構造の刻みは、どの大工さんでもできるわけではないですが、ケイジェイワークスの大工さんは皆さん得意です!