空飛ぶパネル

2017.3.29|カテゴリー「現場のお話」|投稿者 安本峰樹

E-BOXモデルハウスでおなじみのビッグウォール工法が採用された高槻市のOさんの家の建て方工事が行われました。

写真は、ビッグウォール工法の屋根パネルがレッカーにつられた状態です。

道が狭いためにレッカーや材料搬入のトラックが結構ぎりぎりでしたが何とか無事建て方作業が完了しました。

ビッグウォール工法は、工場で事前に壁や骨組みはもちろん、サッシや断熱、外部の防水シートまで事前に加工されて運ばれるため建て方工事で一気に家づくりの工程が進みます。

建て方が完了した時点で窓もついていますし雨仕舞も下地状態ですが完了いたします。

天候が読めない時期などには重宝する建て方です。

しっかりとした骨組みで家の耐震性も抜群なため、短期間で建てたいけれど安心な家づくりをご希望の方にはぴったりです。

これからは大工さんの出番です!

よろしくお願いいたします~

DSC06575

屋根は見晴らしがいいですね~