子供部屋の間仕切り工事

2017.4.18|カテゴリー「現場のお話」|投稿者 安本峰樹

ケイジェイワークスが事務所を構える彩都では街びらきをして13年が経ち初期の家づくりの方は、家族の生活スタイルが変化しだす時期になっています。

他社で建てられたお家ですが、お子さんが大きくなってオープンな子供部屋を仕切りたいというご要望があり、本棚を兼用した間仕切りをご提案させていただき、本日工事をさせていただきました。

元々椋木を活かしたお住まいのため、間仕切りもすべて木製です。

本棚は松の集成材でオーダー制作。

お兄ちゃんとお姉ちゃんの部屋をそれぞれ本棚と少しの壁で間仕切りました。

収納量も増え、プライバシーも確保してこれで当面ストレスなく過ごせますね。

今回の間仕切り、将来的にお子さんが独立したことも見越して外しやすいように施工しました。

その時々だけでなく、将来的な見通しも含めてご提案することが家づくり工務店の大事な仕事と思います。

DSC06713

 

DSC06712

それぞれの本棚の背中も見せることで間仕切りに。