家づくりのヒント

耐震、制震、免震、構造、地震

2018.5.11

「耐震」「制振」「免震」大地震対策にはどっちがいい?

大きな地震が来るたびにニュースや新聞などで話題になる、「耐震」、「制振」、「免震」似たような名前で違いが良く分からない、結局どれが良いの?という声も良く効かれます。 近年は、南海トラフ地震や東海地震が起こる確率があがるなど、個人での対策が急がれています。実際にこれから家を建てるにあたってどれを採用すればよいのでしょうか? どっちがいいか分からない方のために、簡単に「耐震」、「制振」、「…
エコキュート、非常用、取水栓

2018.4.16

光熱費だけではないエコキュートの利点

みなさん、エコキュートとエコジョーズの違いはわかりますか?私もお客様とのお話させていただいている際に、どっちがどっちやったかな?と質問されることが良くあります。 簡単に言うと エコキュート・・・エアコンでも使われているヒートポンプという技術を使って消費電力以上の熱を生み出す給湯器。室外機と貯湯タンクがある。 エコジョーズ・・・ガス湯沸かし器に、排熱を再利用する装置を付けたもの。ガスの燃焼エネ…
P1270620_suma

2018.4.12

メールマガジン始めます!

ブログを通じていろいろ発信していますが、より身近により生の声をお届けしたいと思いメールマガジンを始めることにしました。 名前は 「【木の家レシピ】 建築士『やっすん』の気になる家づくりの話」 です。 新築リフォームを問わず木の家に住みたい方に向けて、 役立つ情報やブログに挙げられないココだけの話や私が自分が使いたいもの、 試したいものの情報を発信していきたいと思います。
免震、耐震、制振

2018.3.22

制震・免震・耐震

地震に対する強さを備える方法として3つの方法が有名です。 耐震・・・自身の力に耐えるように建物本体の強度を強くする 制震・・・建物の揺れに対応して力を発揮できる装置により地震の揺れを緩和する 免震・・・自身の力を建物に伝えないようにして地震の揺れを逃がす
快適な家とは

2018.3.12

貯められ無いもの、貯められるもの

貯められないもの・・・時間、距離、心地よさ 貯められるもの・・・電気、お金、熱 ちょっと極端ですが、家にまつわる貯められるものと貯められないものを上げてみました。
太陽電池、畑、電気

2018.3.10

太陽光発電の力

省エネと合わせて創エネという事で太陽光発電が住宅の屋根に搭載されてもう数十年になります。 古くは、国のサンシャイン計画で太陽光発電の長期的展望が策定され、一時の落ち込みはありましたが太陽光発電の買い取り制度や補助金により一気に太陽光発電が普及しました。 一時は、太陽電池と呼ばれ、電池と発電がごっちゃになる事もありましたが、現在はZEH制度もありエネルギーの安定化に一役買っています。
熱交換素子

2018.3.9

エコな換気設備

最近の家は、高気密高断熱化してきて室内がとても快適になってきました。 そんな時に、注意しないといけないのが計画換気です。 昔の家は隙間だらけのため、換気は意識しなくても通気されていました。 (なので寒い家だったのですが、、、) 今の家は、隙間自体が少ないため換気には気を付けていきたいもの。 ですが、寒い日には外の冷たい空気を入れるなんて!と思われる方も多いと思います。 そんな時にお勧め…
境界、どこ

2018.3.6

大阪市内の3階建ての建て替え

大阪市内で3階建てお住まいの建て替えのご相談でMさんの家を訪問してきました。大阪市内は土地の関係で、3階建てになる事が多くケイジェイワークスでも、多くの木造3階建てを建てさせていただいています。敷地が狭い場合、通常の土地の条件とは違った要件が入ることがあります。例えば隣家との距離。通常は民法上の隣家との距離50cmが多く、自治体の条例で1mや1.5m離しなさいという決まりがあったりしますが、建て込…
木の家、2階リビング

2018.3.3

2階リビングの効用

通常LDKは1階にあり、個室が2階にあるパターンが多いのですが、最近は2階にリビングを持ってくるプランが増えてきています。敷地の条件により1階に通風採光が取りづらい場合や、2階からの景色がいい場合などは2階リビングをご提案することが多いです。2階リビングは、敷地が囲まれていても採光が取りやすいというメリットがあるのですが、その他にも意外なメリットが数多くあります。
E-01

2018.2.20

住宅ローンは計画性が大事

月々の支払が、87,000円と79,000円 これは、住宅ローンを同じ3000万円を同じ35年で返済するときの月々の返済金額です。この金額月8,000円の差は、返済を固定金利で返すか、変動金利で返すかという選択の違いだけで生まれる差額です。もちろん、変動金利は金利が変わるため当初予定の金利が続く保証はありません。むしろ上がる可能性の方が高いです。ただここ数年今が底と言われ続けて現在に至っているこ…
住宅ローン、勉強会

2018.2.5

住宅ローン金利のヒント

今は住宅ローンの金利が空前の低金利時代と言われて久しいです。 低金利が長いこと続いているので、これが当たり前と錯覚してしまわないかと思います。 実際住宅ローンの金利は、フラット35の手数料低率型で1.4%くらいです。 ほんの10年前までは3%弱まであったので、比較するとずいぶん安くなっています。 ちなみに金利が1%変わると3000万円35年返済で総返済額が600万円以上変わってきます。…
scroll-to-top