フラット35の金利が変更?

2017.10.2|カテゴリー「家づくりのヒント」|投稿者 安本峰樹
フラット35、金利

住宅ローンの選択肢の一つとしてあげられるフラット35


35年間変わらない金利が魅力のローンですが、この10月から少し金利が上がっているとお気づきになられた方もいらっしゃるのではと思います。

 理由は、生命保険と密接に関係があります。


一般的な住宅ローンの場合、もし借主さんの身に何かあった場合、残された家族にローンの返済が掛かっては大変です。そのため、借主さんが亡くなられた場合、ローンの返済を返すために生命保険に入ることが多いのです。

ほとんどの銀行のローンは、団体信用生命保険に加入が必須となっていて、借入金利にあらかじめ保険料が含まれています。


ところが、フラット35は生命保険が任意のため別途団体信用生命保険等の保険に加入することがほとんどです。このためフラット35の場合借入金利だけを見ていると生命保険の支払金額が抜けて落ちてしまう可能性もありました。


もちろん、別途で生命保険に入られていればよいのですが、全体からすると少数です。


フラット35を利用される方はほとんど団体信用生命保険に加入されます。総額として少し分かりにくかったため、今回フラット35にはあらかじめ団体信用生命保険がセットになり、金利も組み込まれるようになっています。もちろん、団体信用生命保険を外すことも可能です。この場合金利が0.2%下がります。


逆に言うと、10月から見た目の金利が上がったように見えているとおもいます。


金利だけを見ると、あれ急に金利が上がった?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、理由はこの団体信用生命保険にあるのです。


条件がそろうと他の住宅ローンとの比較がしやすくなりましたね。フラット35に比べ条件のよいローンもあります。ご興味ある方は、子育て住宅ローンアドバイザー安本までご連絡くださいね~