家族のピアノをどこに置く?

2017.10.5|カテゴリー「家づくりのヒント ,施工事例」|投稿者 安本峰樹
ピアノ、ダイニング

ご自宅にピアノ、電子ピアノ、キーボード等の楽器があるお住まいも多いと思います。

これから家づくりをご検討の方はピアノをどこに置くのか?思案のしどころですね。

我が家にも長女が使うアップライトピアノがありますが、なかなか置き場所を決めるのに苦労しました。

 

どんなピアノを置くのかによって、設置場所も決まってくることもあります。

グランドピアノなら専用スペースもしくは、大きめに場所を取ったダイニングリビングスペース。

アップライトピアノなら、リビングダイニングから個室まで様々です。

キーボード等でしたら逆に収納場所の方が問題になるかもしれませんね。

 

アップライトピアノの場合、奥行きが冷蔵庫と近いためダイニング近くの冷蔵庫と同じ面の壁に設置を検討するとおさまりが良くなる間取りが多いです。

冷蔵庫と隣接する必要はなく間に、造り付け家具を設えることで雰囲気を損なうことも無いです。

 

ピアノを置く場合、2階以上に置く場合は床の補強が必須です。あらかじめ設置場所を想定しておくことで構造補強を行います。

また同時に忘れがちなのが照明です。楽譜などが影にならないように専用照明も欲しいですね。また積み置きしがちな楽譜も立てて並べられるように収納を造り付ければ見た目もきれいです。

 

ケイジェイワークスでは、オーダー家具を家づくりの中でご提案することが多く、こうした収納をきれいに見せることが得意です。

 

以前施工した事例にもダイニング横にピアノを設置した事例があります。

(冒頭の写真 右奥)

この事例では周囲に造り付け家具を設置してエアコンや食器棚等も一体に設えました。

写真では見えていませんがピアノを置いている々面の奥に冷蔵庫があります。

 (こちらのお家の様子はこちら

このようにお手持ち品も工夫次第で効率よく収めることができます。

これも綿密なヒアリングによるもの。私たちはヒアリング時にリストを作って再利用のお手持ち品の寸法をすべて測るようにしています。

 

ちょっとした事で大きく変わる家づくり。

ご検討中の方は是非、大阪で木の家づくりが大好き集団ケイジェイワークスにお声かけくださいね~