リフォーム後8年のTさんの家を訪問

2017.5.12|カテゴリー「住まい手さん訪問」|投稿者 安本峰樹

KJWORKSでリフォームして8年が経過したTさんの家を訪問いたしました。

もともと住んでおられたお住まいを、終の棲家として大規模リフォームをさせていただいたお宅です。

8年経ってもとってもきれいに使われていて、無垢の木の表情が良い雰囲気になりました。

リフォームするにあたり、以前の小割の部屋をつなげたり拡張して広々した空間を確保したいというのが大きなご希望でした。

お子さんやお孫さん併せて集まるときには10名以上が集まるため大きく暮らす時と普段の暮らしの差が大きくなるからでした。

間取りを変えるにあたり耐震補強はもちろん、断熱改修も行い快適に過ごしていただける性能を確保するようにしています。

断熱改修は特に今まで住まわれておられた事もあって、その差が顕著に表れて体感していただいているご様子です!

お孫さんたちも集まると、リビングを走り回って遊んだり、皆で雑魚寝したりとリフォーム後のお住まいが大活躍しているとの事。

お金をかけてリフォームしたけれど、効果を回収するのはまだ先かと思ったけれど、もう元を取った気分です!と奥様からお話しいただきました。

リフォームは、どこまで工事をするかが非常に難しいもの。

正解は一つではないのですが、住まい手の方と作り手が一緒になって取り組むことで、一番良い答えに近づくと思います。

リフォームのご検討の際は、ぜひお一人で迷わず私たちにお声かけください。

そうすれば、今まで考えてもいなかったアイデアに出会えるかもしれませんよ!

 

IMG_0881

リフォーム直後の様子。今では木部も日焼けしていい色合いになっています。