ライティング講習で平屋の薪ストーブの家!?

2017.9.12|カテゴリー「こんな事がありました」|投稿者 安本峰樹
今月毎週のように1日かけての勉強会に参加しています。
今日の勉強会は、「ライティング」
照明ではなく、書くほうのライティング講座です。
インターネットの発達で、メールやホームページ、SNSなど文章を書く機会が以前にくらべ格段に増えている現在、文章の書き方を改めて基本から学ばせていただきました。
いろいろ、習ったことはあるのですが、本日の実践で事例紹介文を作成しましたので、ご紹介いたしますね。


『平屋で薪ストーブの家』

今回ご紹介する木の家は、薪ストーブのある平屋の家です。
住まい手であるKさんの希望が全てかなう土地探しが家づくりのスタートでした。
南側に緑地が広がり、3方に道路、平屋が建てられるゆったりとした敷地と出会うことができました。

ゆったりとした敷地に調和するのは軒が深く大らかな屋根。
薪ストーブの煙突が外観のワンポイントです。
庭にはKさんの奥様の念願だった家庭菜園が広がっています。

家の中心となる家族の間は、勾配天井のある広がりのある空間です。
ご主人の夢だった薪ストーブと大きな窓から眺める借景。
仲良し5人家族がゆったりとした時間を過ごせます。

平屋のデメリットは面積が大きくなると、家事動線が伸びがちになる事です。
Kさんの家では、奥様の家事動線を徹底的にヒアリングし、以前の家での悩みを劇的に改善することができました。
キッチンと子供部屋が近いので、朝子供たちを起こすのも楽になったと大満足です。

ご主人と奥さんの夢をかなえながら、共働き世帯だ大事にしたいポイントも押えたKさんの家。
Kさん家族の週末がとても楽しくなりますね。

DSC06200
Kさんの家