地震、台風の復旧作業まだまだ続いています

2018.10.2|カテゴリー「こんな事がありました」|投稿者 安本峰樹

東海や関東に大きな被害をもたらした台風24号が過ぎ去りました。

幸い北摂では、21号のような被害はなくほっとしたところです。

それでも仮設のブルーシートが飛んだりしているため、その復旧作業で今週も大忙しです。

と言うか、地震や21号の被害はまだまだ回復していません。

業者さんがパンクしていて、なかなか補修に回れていないためです。

そんなか、台風25号まで近づいていている様子。

もういい加減にして~、台風のルートに悪意を感じる!などなど住まい手の方のお気持ちも痛いほど伝わります。

今日も、台風24号でブルーシートが飛んだお住まいのシートの復旧作業をしてきました。

本来なら、大きなブルーシートで覆いたかったのですが、屋根勾配が5寸以上ありブルーシートの上を歩けないので、部分的にブルーシートをかける処置をしました。

これくらいの勾配になると、登りは歩けても降りるときは歩いて降りられません。

腰を落として降りるという作業性の悪い移動になります。

しかも土嚢を置いてもズルズルと滑っていく。。。

土嚢の配置を考えながら、部分的にロープを使ってパズルのようにブルーシートを固定しました。

微小な瓦の割れも、防水テープを駆使して応急処置は完了です。

あとは、屋根屋さんを待つのみです!

早く台風シーズンが終わって欲しい!ってこんなに思うのは初めてですね!

台風24号、台風25号、ブルーシート
屋根勾配と屋根の形状の関係で、ブルーシートの固定が難しい!